スポンサーリンク

上記の広告は、30日以上更新がないブログに表示されています。
新たに記事を投稿することで、広告を消すことができます。  

Posted by だてBLOG運営事務局 at

2009年04月30日

台湾日記 その3 蓬莱米・吉野米・天皇米のこと

前回のつづきです。

その後、蓬莱米作出者で有名な磯永吉博士が、明治四十五年三月着任以来、内地種の研究に没頭し、ついに完成したのが大正十一年である。大正十五年五月五日、日本米国大会第十九回の会合が、台北鉄道ホテルで開かれ、そのとき伊沢総督、殖産局長片山秀二郎、農務課長今川渕、農務係長鈴木達一郎、稲作担当安藤泰夫技師などが列席のもとに、命名式が行われ、総督から「蓬莱米」と名づけられた。これから見ると、青木君の作出のほうが二、三年早かったわけだが、磯博士は学術的で片や青木君は一農民にすぎないから比較すべきではないが、その辛苦は買ってやるできだ。私もそのとき試食したが、肥後米と少しも変わらず、よくやったとほめそやした……。氏の苦心に感激し、はじめて青木種と名付けたが、たちまち全村に普及し、益々改良と増収が計られたので、産業組合ではこれを一手にひき受け、師範するうち専売局では酒蔵用とし時価の二割高で、産米の約八割を買い上げる台湾銘酒「万寿」となったのもこれが原料である。また、寿司米としても好評を博し飛ぶように売れた。組合では青木君の功績をねぎろうため、表彰し「吉野米」と名付けたのが大正十二年である。 清水半平『官営移民 吉野村回顧録』より



花蓮農業改良場 農芸館


改良場内の育種風景


吉野村 日本人移民のお寺 慶修院


真言宗なので、空海


日本人観光客向けのお土産に「吉野米」


慶修院内全景
吉野村は、日本の四国からの移民者で構成されていたため、
四国48個の石塔が並んでおり、慶修院内で「インスタントお遍路」
ができるようになっている。  


Posted by ake. at 04:46台湾日記

2009年04月27日

台湾日記その2 吉野村のこと

花蓮県の改良研究センターから5分ほど歩いたところに、慶修院という日本人移民のお寺があります。


 1908(明治41)年、台湾総督府による稲作試験も兼ねた日本人移民村が花連県に設置されました。もともとこの一帯は、原住民居住地域で、軍隊によって原住民を封殺し移民村が形成されました。慶修院は真言宗の寺で、現在、花蓮県の重要文化財に指定されています。
  


Posted by ake. at 16:54台湾日記

2009年04月27日

台湾日記 その1

 ゴールデンウィークを前にして、ようやく2か月前の台湾一周旅行の記録です。
 2月15日から21日の1週間で、台湾を一周しました。今回の台湾フィールドワークの目的は、もちろん「田んぼ」です。植民地期台湾の植民地以後の状況と日本人移民村(吉野村)、原住民地域を中心に歩きました。恥ずかしながら、私は台湾語も中国語もできないため、同じセクションで研究している台湾の友人Saiさんとそのお友達のVincentさんが案内役を務めてくださいました。感謝!とっても楽しい3人での珍道中でした。


【日程】
1日目:台北
2日目:台北 中央研究院(人類学者のYah先生と懇談)→政治大学原住民中心(遠野で伊能嘉矩調査をしてきたばかりの研究者のみなさんとお話する)→宣蘭県へ移動、宿泊。
3日目:宣蘭県 有機農法でお米を生産しているRyeさんに出会う。田んぼ仕事を手伝う、精米業のおじいちゃんへの聞き書き、温泉へ行く。宣蘭県歴史資料館
4日目:太魯閣→花連改良センター(蓬莱米について調査)→吉野村→
5日目:台南タイヤル族の資料館→プヌン族の小学校(少年野球の資料館)→日本人移民村跡地→製糖会社跡地などを見学
6日目:台東へ 成功大学見学、市内の孔子廟、烏山頭ダム、八田与一記念館、
7日目:台中→台北 北甫(客家の集落)

face08
霧雨が降っていたけれど、ちょっとだけクロカケを手伝ってみました。

 Ryeさんは、台湾でも有名な有機農家です。「青松米」という台湾在来品種の自己ブランドを、直接顧客に販売しています。どれくら有名かというと、李登輝がわざわざ彼の田んぼを見に来るくらい有名です
face08



花蓮県農業改良所


現在、この改良センターで栽培されている稲は、1000品種に上りますがそのほとんどが植民地時代に日本への移入向けに改良された「蓬莱米」です。在来品種は1000品種のうち20~30品種ほどしか保存されていないそうです。宣蘭のRyeさんの台湾在来品種の有機米は、だからとても珍しいお米なのです。日本のように「コシヒカリ」や「ヒトメボレ」というふうに台湾の消費者は、品種にこだわるということはあまりないようなのですが、在来品種がそんなに少ないと聞いて、一緒に改良センターの方のお話を聞いたSaiさんも驚いていました。




台湾のたべものは、どれもおいしいface05
  


Posted by ake. at 16:38台湾日記