スポンサーリンク

上記の広告は、30日以上更新がないブログに表示されています。
新たに記事を投稿することで、広告を消すことができます。  

Posted by だてBLOG運営事務局 at

2015年10月01日

森にいきるひとたち

10月1日だってぇ...あと2ヶ月で2015年が終わるの?
自分にとってもっとも重大な仕事がまったく進んでいないのは、なぜ?!なぜなの?!face07まずいですね、残り2ヶ月で少しは進まなくちゃ。

秋学期がはじまりました。学生も元気に通ってきています。

益子の土祭へ行ってきました。今回は映像人類学者の分藤さんとご一緒することができました。はじめてお会いしたのは一昨年の山形映画祭でした。一昨年の山形も強烈な記憶に残っていて、管さん、港さん、そしてドリアンさんたちと朝方4時くらいまで飲んだのでした。といっても私は本当に下戸で、みなさんのお話しを聞いているだけなのですが。

分藤さんは、かれこれ20年近くアフリカのカメルーンをフィールドに映像を撮り続けてきました。森で狩猟をしながら暮らしているバカ族という人々がいます。彼らと生活を共にして、時には通過儀礼など受けたりして、第二のふるさとみたいな付き合いをしています。映像を観ると、その距離の近さで、分藤さんがどれだけの関係を築いてきたががよくわかります。普通は、こんなに近くで撮影できないですね。今回の作品は、ひたすら「食事」の風景です。獲物を捕り、解体、料理し口へ運ぶ、そしてその生きるエネルギーで今日も森をゆく。そんな素敵な作品でした。バカの暮らしは、とても理にかなった暮らしのように思えてきます。重低音のように効いてきて、大事な気づきがたくさんありました。

うつくしい月夜でした。


藍染の古民家。


今回の上映会とトークは建築家の町田さんがコーディネイトをしてくださって、町田さんのお家にみんなで泊まりました。朝方、クラヴィーコードの音色が聴こえてきて神様がやってきたようでした。


さぁて、秋学期もがんばろう。
年度内に1冊くらい書かなくちゃ。うーん正念場!

  


Posted by ake. at 21:13映画

2010年06月11日

「日本心中」から「ANPO」へ

 リンダ•ホーグランド監督の映画ANPOは9月劇場公開。6月15日(この日は樺美智子さんの命日でもある)に安田講堂でダイジェスト版の上映がある。監修は『敗北を抱きしめて』の著者でもあり、リンダさんの恩師でもあるジョン•ダワーがつとめている。

 先月針生一郎さんが亡くなった。「日本心中」から「ANPO」を見てみる、というのもよいかもしれない。
  





ake.がこよなく愛する寺山もついでに...
やっぱり、寺山からはいろんな影響を受けたなぁと思う。

  


Posted by ake. at 22:28映画

2010年03月27日

もっとみてほしいドキュメンタリー「アメリカ」。

 すっかり感想を書くのが遅くなってしまったのですが、東中野のポレポレで藤本幸久監督のドキュメンタリー「アメリカ-戦争する国の人々-」上映中です。

 全編8時間14分の長丁場で、1日ですべてを見たいと思い、朝10時過ぎにポレポレに入って、出たのは夜9時過ぎでした。途中寝ちゃうかなぁと思ったのですが、とても興味深いインタビュー作品だったせいか、すっかり引き込まれてしまいました。

 米兵とは誰か?その内側に抱えられた葛藤や矛盾が赤裸々に告白されています。内容は、やっぱり見ていただくしかないです。見てもらってから、感想を聞かせてくれる人があればいいなと思います。4月16日まで上映です。これねスゴいよ、ほんとに。

 きっと...丸山真男ならば「健全なナショナリズム」の姿をワタダに見るだろうな、とake.はぼんやり思ったのでした。イラク派兵へ反対する兵士も出てくるのですが、彼らのメッセージは「法を守ること;No Illegal War」。ヒロシマ•ナガサキに関しての彼らの評価は“Fair”という裏返しの意味も含み込まれているように思われるのです。日系のワタダの場合はあきらかにパトリオティズムなのですが、そこには彼の“日系”という出自へ対する、アメリカ社会からの差別的な評価も透けて見えます。だからこそ、ワタダの立場はとても屈折しています。
 ドキュメンタリーに出てくるのは米兵とその家族であり、彼らのメッセージは決して「No War」ではない。けれども、彼らの憤りの内側にアメリカ的なモラルエコノミーの発現を見るわけで...。米軍内部から暴動が起こったって、今ならちっともおかしくない。もちろん“愛国心”の名のもとにね。face15アメリカ人のモラルを見せてくれって言いたいくらいだもの。
 ake.は、なんだかんだ理屈で言っても内心では「ワタダかっこいいな」って思っちゃっているんですよね。なんかああいう人、ほれちゃいますicon06

  


Posted by ake. at 23:58映画

2010年03月11日

海角7号と台湾の想い出

 今日は六本木へ「海角7号」を見にいきました。台湾で2年ほど前に大ヒットした作品です。日本ではようやく今年封切りになったのですね。韓国へいる間も、日本へ帰ったら絶対に見ようと思っていた映画でした。

 映画のストーリーについては、ここでは触れませんが、大多数の「日本人」にとって、この映画が描いているバックグラウンドを根こそぎ理解することはとても難しいのではないか、と思います。

 現在、日本と台湾は、中国との政治的関係から、正式に国交を結んではいません。台湾を知ることについて限界がつきまとうような気がします。台湾のことももっと知りたい。私は日常的に、韓国や中国、台湾の留学生と接することが多いのですが、ゼミのディスカッションなどで中国の留学生と台湾の留学生がかなり際どい議論になって、つかみかからんばかりになった場面に何度か遭遇しました。

 日本の植民地時代とその後の中華民国による実質支配、多様な民族(原住民•客家...)、台湾語、日本語、中国語のせめぎ合い、都市と地方の格差...。この映画には現在の台湾が余すところなく描かれていると思います。

 台湾のことを少しでも知れたら、この映画は100倍楽しめる。もっとも、なんの知識がなくとも純粋にラブストーリーとして浸れます。


 郵便配達のおじいちゃんが、バイクに乗りながら口ずさんでいるのは、植民地時代の唱歌「野バラ」です。かつての唱歌は↓映画の中でこんな風に唄われています。







 よく見れば見るほど、考えるところも多いのですが、今日は久々再会した“女同志”と楽しめました。








 少しだけ、台湾原住民のことについて触れておきたいと思います。ここでは“原住民”と書きますね。日本では“先住民”といいますが、台湾で“先住民”は差別語にあたることから“原住民”の言葉を使っています。これは、日本と逆です。

 去年、台湾の友人と3人で1週間かけて台湾島をひとまわりしたのですが、友人のvincentさんが台東県の紅葉国民小学校へ行きたいというので、立ち寄りました。ここは、原住民の子どもたちが通っている小学校で、十数年前に少年野球チームが優勝した記念館が建てられていました。

 
 
 
 かつては、原住民の少年野球チームが漢族のチームに勝つなどということは考えられないことでしたし、日本代表の少年野球チームにも勝ったということで大きな話題になったのです。私たちが訪れた日も、子どもたちが野球の練習をしていました。


 もっとも、このような大掛かりな少年野球チームの記念館が作られるまでには、“原住民の勝利”あるいは“日本に勝った”ことは政治的利用を免れえなかっただろうと思います。

 こういう書き方が妥当とは決して思わないのですが、例えば日本でアイヌ民族の選抜チームが甲子園で優勝し、さらにアメリカ代表チームに勝った、というようなそういう感覚と思います。

 写真がものすごくたくさんあるので、時間のある時にでもアップしたいと思います。



 そういえば、韓国から帰る途中のこと。
 ソウル市内から地下鉄に乗り合わせた、80代後半くらいのハルモニとその息子さんと思しき親子に“仁川空港へはどうやっていくのか?”と訪ねられて、“私も仁川空港へ行くので一緒に行きましょう”と言って帰ってきたのです。

 不意にそのハルモニが「日本人の方ですか?」と、とても流暢な日本語で話されたのでした。つい、ナヌムのハルモニと重なってしまったのでした。「すっかり忘れてしまったのですが、日本語を話せます」とハルモニは言いました。それが、今回の韓国滞在の最後の想い出になりました。こうして、“歴史の裂け目”に出会うのですね。ハルモニとは、仁川空港で握手をして別れました。







 “化外の思想”よ、願わくば、平地人を戦慄せしめよ。icon06なーんちて。
 

   


Posted by ake. at 02:39映画