スポンサーリンク

上記の広告は、30日以上更新がないブログに表示されています。
新たに記事を投稿することで、広告を消すことができます。  

Posted by だてBLOG運営事務局 at

2010年12月29日

年末スザーノ奏法...その他。

 すでに正月がはじまっているake.@tokyoです。

 今日は夕方に起きてしまいました。

 仙台での「あれ」が込み入った事情からペンディングになってしまい...実行委員長としては脱力感いっぱい。気持ちをなんとか入れかえたいところです。「自分でなんとかできる」という状況にないことって、時々ありますね。「時を待つ」。それしかないみたい。


 そんなことで、ちょっと新鮮な空気を取り込もう。


 国立にコンガボンゴという打楽器の専門店があって、夏にスザーノのパンデイロに魅了されてしまい、とうとう手に入れたMyパンデイロです。ハンドメイドで、ジングルは「シャラシャラ(極めて個人的感覚でのオーダー)」の音のをお願いして、色もすごく迷って結局ブルーにしました。で、今日は小澤さんのwebレッスンをみながらジャングルサンバの練習です。あぁface05やっぱり楽しい!


 実家に帰るか...ちょっと迷う。やらなくちゃいけないことが山ほどあるのだけれど、近々では、ソウル大に提出する英語の論文サンプルを書く必要にせまられていて、それを出さないと研究室の机が確保できないのだ。あと、いろいろな報告書とか。ソウルに戻った後のことを考えると、お餅食べたいけれど...迷う水滴
  
 2日はSFCの友だちと新年会なので、お正月だし、着物で出かけようかな。(こういうこと書くと非難轟々。ake.のディシプリンでは着物ネタって嫌がられる...。)雨だったら止すけれど。

 帯や帯締めをかえると雰囲気がかわる着物って楽しいと思う。

 この薄紫色の着物は、会津木綿で元々は会津地方の日常着というか、労働着。これもオーダーメイドだったけれど、着物の価格にしてはリーズナブルなのです。はじめて着物きる方におススメ。単衣なので冬には着られないのだけれどもね。白い帯の方は、ake.が仕事を持ってから生まれてはじめてオーダーメイドで購入した京更紗なのです。

 



 これも会津木綿。こちらも単衣だけれど、色柄からして冬にきても大丈夫なんじゃないかなぁ、と思って、実際冬にきています。
 


 こちらは、父が買ってくれた「辻が花」。ひとつひとつの葉っぱは絞りになっていて、すごく気に入っているもののひとつです。
 
 


 結局、いろいろ迷って、江戸小紋と黒い更紗帯をチョイス。縞って言われますけれど、この縞模様ってものすごい技術なのです。型紙をみたことがあるのだけれど、繊細な技術です。糸みたいに細〜い。
 


 試しに着た感じ。あれっ、ちょっとチーママ?face07


  


Posted by ake. at 20:58pandeiro

2010年08月23日

ジャングル サンバ

 夜明け前の珈琲タイムface01ふぅ〜。

 夕べの鑑賞会の様子がupされていました。このサイトはすごく優れていて、Pandeiro lessonが動画で見られるようになっています。パンデイロをやりたいひとは必見だと思います。

 アルテックのスピーカーで音楽が聴けるというのは、ほんとうに迫力があります。

 ディスクユニオンJazz/Rere GrooveのGさんが年4回「新譜を聴く会」というのをやってくれていて、私なんかは毎回「わぁ、なにこれ!すごいなぁ」って…ただ聴いているわけです。レジュメもついていて、ほんとうに素敵です。いつもラインナップは50枚いや70枚くらいかなぁ…それぞれのアルバムから1曲選んでかけてくれます。

 昨日のスザーノは、新しい試みで珍屋ディスクユニオンのブラジル音楽担当のおふたりが企画されたもので、しかも小澤さんがスザーノ奏法を実際に叩いてくれるという実技と解説付きだったのですface05

 アルテックで聴いたスザーノの「ジャングルサンバ」を小澤さんが叩いたのを目の当たりにして、感動してしまいました。それで、パンデイロほしいな、と思っちゃったのです。

 ジャングルサンバ

 武器を捨てて楽器を持つほうがいいんではないでしょうか。

 銃を捨ててバンデイロを持て!

 毎日のようにjazzは聴いていても、ただ聴いているだけでちっとも詳しくはないのです。ほんとうは、それが民謡だろうがロックだろうが何でもいいいいのです。ずっと、「言葉」よりも「音」のほうが優れているような気がしていました。フリージャズをやっている友達が、昔、「聴いているひとは気がつかないかもしれないけれど、いつだって音で勝負しているんだよ」と言っていたのを、時々思い出すのです。あのとき思ったのです、言葉は、たぶんリズムには勝てない、と。敗北だなと思いました。(いや、勝ち負けとか優劣というのとはちょっと違うかもしれないのですが…。)


 さ、それでも仕方ねっしやるか。

 
  


Posted by ake. at 04:27pandeiro