スポンサーリンク

上記の広告は、30日以上更新がないブログに表示されています。
新たに記事を投稿することで、広告を消すことができます。  

Posted by だてBLOG運営事務局 at

2015年09月14日

リアスの風。

 1年越しのツール・ド・東北は、南三陸フォンド170キロをどうにか完走できました!!
 いやぁ、足がガクガク。face07スタートを切るまで、仕事をしながらトレーニングを少しばかりやってきましたけれど、なんだかとっても素敵な経験でした。ひとつは、リアス式海岸を体感できたということ。ふたつめは自分のポテンシャルに気がついたということ。あとは、一緒に走ってくれた仲間やサポートしてくれた人、応援してくれたひと、美味しい三陸の幸、充実したレースでした。

 
 今回は、わたしの志津川高校時代の英語の先生だった矢野先生と「高校教師」の方々と一緒に走ったのでした。わたしの周辺にはサイクリストがほぼいなくて、思い浮かぶのは、最上級にリスペクトしている仕事のできるJ次長がトライアスロンをやっているということと、カルスタのH先生くらいです。友達のまつんが抽選漏れしてしまったこともあり、あれぇ、ひとりで走るのかぁと思っていたら、矢野Tが声をかけてくれました。自転車の友だちがほしい!!

 リアス式海岸の地形は複雑で、地層が隆起したところが波で浸食されているので、アップダウンが激しくて、ヘアピンカーブみたいなのがたくさんあります。とくに神割崎のところはほんとうに泣きそうなくらいのきつい傾斜で、気をぬくと転びそうで、それでも変速をもっとも軽くして、ちょっとずつ、足をだましだまし走ったのでした。エイドで休む以外は、一度も自転車を降りずにすみました。スクワットのトレーニングが功を奏したかなぁ。

 何しろ、普段はフラットな荒川しか走っていなかったので、リアスのアップダウンは厳しく、折り返しから太ももが相当やばい感じでした。グルメロードなので、エイドで休息をして、つみれ汁、ホタテ、海鮮おにぎり、タコカレー、南瓜まんじゅう、フカヒレスープ、アワビの茶碗蒸しと次々に完食したのでしたが、それでもお腹がすくというありさま。走り終わったら体重1キロくらい減っているはずだったのに...涙



 修理のサポートなどいろいろあって、途中「足」に覚えのあるボランティアの「走管」スタッフの方に引っ張ってもらったり、「高校教師」が先頭を代わる代わる走ってくれて、風よけしながら私は幸せなサイクルロードを走らせてもらったのでした。

 いやぁ、しかし、神割崎の勾配はほんとうにきつかったなぁ。あれ、実家帰ったらもういっかい走りに行こうっと。来年も挑戦するんだ!!

 

 折り返しの北上エイドで、激レアなオクトパスくんのウェアを着ている後ろ姿と遭遇。ゼッケンから気仙沼フォンド210キロのようだ。誰だろうとお顔をみると、南三陸へモアイ像を届けた、あの方だったの。



 210キロかぁ。
 抽選もれが一番少なくてすみそうなのが、気仙沼フォンド210キロだよなぁ...。プラス40キロかぁ。来年かぁ。

 ローラー台を手に入れて、もうちょっと筋トレをするようにして、アップダウンも走ろうっと。

 いやぁ、足はガクガクだけれど、とっても楽しかったなぁ。
  


Posted by ake. at 20:03ツール・ド・東北

2015年09月11日

にわかライダー170キロの道。

 月命日と記憶のNYテロが重なって、911はヒリヒリする日です。鬼怒川も宮城も福島も、大雨で大変な状況になりました。長野でのフィール実習は、台風直撃の朝に出発したにもかかわらず、奇跡的に雨を被らず、むしろ快晴という状況で.....地球さん。みなさま、どうかご無事で。

 気を取り直してまいります。
 決戦は日曜日です。(言い回しが微妙ですみません。)先ほど、FBに志津川高校のツール・ど・東北のプライベートサイトが立ち上がりました。矢野Tがつくってくれました。

 ake.にわかライダー、170キロを走破できるのか?!
 ついひと月前からビンディングペダルの練習をはじめ、脚力も腹筋も弱いので筋トレをはじめ、最近アメリカで流行っているというchallenge squat 30daysは今日190回やりました。すべて、ニワカです。そんなひと月足らずで、さっそうと自転車をコゲるはずもなく、筋肉が簡単につくわけもなく...face07しかし、稽古不足を幕は待ちません(ほんとうに、微妙な言い回しですみません。)。まだ変速の練習が途上で、自分の意図する変速になりません。軽くしたいのに重くなったり、重くしたいのに軽くなったり、アベコベです。これができないと、坂道で立ちゴケすると思われます。非常に危険です。自分の怪我は仕方ないですが、他人を巻き込まないようにしたいです。保険オッケー。
 
 明日が石巻専修大でのエントリーで、明後日本番です。
 今回は輪行するのをよして、車で宮城まで行くことにしました。それがちょっと大変かなと思いますが、参加者3000人のうちで、おそらく数人は東京や仙台や東北各地から自転車で走ってくるツワモノがいるに違いないので、まぁたいしたことないです。そんなことより、天気の方が心配で、予報は「雨」です。その上、この低気圧の影響で、沿岸部も川沿いも地盤が不安定と思います。さらに、個人的には「原稿」の締め切りをすぎているのに「なにが自転車ですか!」っていう幻聴が聞こえます......。講座現代なんですが、自分が遅れると、総論を執筆される座長の大変尊敬している先生に迷惑がかかります。あ、すでにかかっています。前回の現代は1964年だったので、ほぼ半世紀ぶりという刊行で、自分以外はすごいひとが書いています。「なにが自転車ですか!」、また聞こえました。ムンク

 さぁ、気を取り直して。
 自転車おっけー。

パンク修理道具おっけー。

ロメオのステッカー、おっけー。

食べ通ステッカー、おっけー。

大会ガイド、エントリー書類、健康診断表、おっけー。

メット、靴下、グローブ、おっけー。

サングラス、おっけー。と言いたいところですが、レンズの取り替え方がわからなくて困っています。説明書を読まないで捨ててしまいました...。なんか、外し方を間違えるとバキッといきそうで、替えられません。このままで行くしかないでしょうか。


 おわかりでしょうか。
 完全に「原稿」からの逃避的写真撮影大会になっております。


 では、完走目指して寝ます。
 おやすみなさい。

 終わったら、書きます!!!頑張ります!!!!











 
 
 

 

   


Posted by ake. at 22:29ツール・ド・東北

2015年08月31日

THE 南三陸グルメロード。

南三陸フォンド170キロのコースガイドが発表されました。
http://tourdetohoku.yahoo.co.jp/2015/rider/course/170km/

 美味しいものばかりあるので、誘惑に負けてやたら食べ休みしていると、うっかり制限時間を回りそうです。19キロしか走っていないのに、ひっつみ汁。その38キロ地点にホタテ...さらに60キロ地点海鮮おにぎり。以上が朝食のようです。観洋前ではフカヒレスープまであります。すごいロードレースです。

 折り返して3分の1走ったと考えるよう教えてもらいました。

 なんかウキウキ。

 あ、今日は原稿締め切りなのに、今日から書きはじめるという始末。ほんとうにひどい執筆者です。ノアさん、裏切るつもりはありませんでした、毎日いろいろ考えています。ごめんなさい。頑張ります!!

ああ、今年の夏もおわりだなぁ。  


Posted by ake. at 17:38ツール・ド・東北

2015年08月15日

朝練、というもの。

 今朝は60キロ走ってきました。学期がはじまるとこうはいかないですけれども、夏休みの間は、早朝トレーニングが日課になってきました。昨日は友達のまっつんがわざわざ片道25キロを走って、朝練に付き合ってくれました。どうもありがとう。

 今回は直接車で行くことにして、輪行は次の機会になりそう。他、パンク修理なども道具をそろえてある程度の準備はできたかな、というところです。9月は、ツール・ド・東北の直前までアファンの森のフィールド実習があるので調整がすこし難しいなと感じています。その間は練習ができないや。いやぁ、それにしても毎日けっこう走っているつもりだけれど、体重はあまり減らないなぁ。続けることが大事かぁ。お腹が空くんです。やたらと。

 今日は15日。
メールを開けたら「月末締め切りですよー。期日を守ってくださいよー」っていう編集者からのメッセージが......なんとしよう...どうにかするぞ!。どうにかするしかないムンク


  


Posted by ake. at 11:15ツール・ド・東北

2015年08月10日

ツール・ド・東北への道 その後

 自転車を購入したのは、去年の9月ごろだったと思います。1年何をしていたのでしょう。いえ、頻繁に走っていましたよ、もちろん。でも、ある時ふと、あれっ?普通に学校に通うのと同じように自転車をこいでいるだけで良いのだろうか...と思い、ロードバイクの本などを読み漁り、どーもペダルなんかもちょっと普通じゃないらしいぞってことに気がつくまでが長かったのです...。もっと早く誰かに聞けばよかったのに。

 そんなことで、3ヶ月前くらいに、練馬にあるラバネロさんに伺って、ピンディングペダルを取り付けてもらったのでした。
 夜の9時にもかかわらず、クリート着脱の仕方まですごく親切に教えていただきました。オーナーは、すごい方でした。ショップの横に自転車工房がありました。手作りなんです。タカムラ製作所となっていました。すごくカッコイイ自転車がたくさんありました。いつかはここでもう一台! 
RAVANELLO Bicycles
 そういえば、お若い男性おふたりにあれこれ教えてもらったのですが、今思えば、彼らはラバネロの選手たちだったのではないかと思います。

本日、荒川の日の出。


昨日は志木まで行ったので、今日は逆方向で新木場まで。片道25キロといったところで、往復50キロ弱です。


 途中、雨に降られてしまい、今日は早めに切り上げました。背中が泥はね状態....。それにしても、すっかり自転車にはまってしまい。まだまだ早くは走れないけれども、家に帰るのが面倒になって、このままずーっと走っていたいなぁという感じ。ちょっと中毒症状みたいなの、ありますね。この風の心地よさ。
 

  


Posted by ake. at 09:02ツール・ド・東北

2015年08月09日

暑中お見舞い申し上げます。

 長期休暇にはいらないとほぼ更新されなくなった夜店ブログですが、こっちの方が本店より自分では大事なんです。ほんとうは。

 暑中お見舞い申し上げます。
 今日はすこし涼しいですね。やっと原稿の仕事に着手できそうな夏。春学期はいつも忙しいんです、なんだか。9月はまたFWなどがあるのでこの20日でどれだけ書けるかが問題です。

 来月、岩波書店から刊行される共著のゲラがあがってきました。あとは、講座現代が今月末の締め切りで、そのあと、新書の計画が2冊あって、とりあえず岩波新書の方を先に(何年かかっているんだろう...)。その構成をしてこの夏は終わると思います。さらに単著2冊?が続きます....。いつ終わるのだろう涙、涙。いつも思うのですが、編集者の方々が素敵なんです。時々、泣きそうなお手紙をいただいたりします。「巧み」なのかもしれませんが、どちらかというと情で生きているので。それがないと、一緒に本をつくる仕事ってできないんだなぁって思います。いつもありがとうございます。





 4時半からの朝練もいいかんじになってきました。
 今朝も荒川を45キロ走りました。といっても、ロードを走るひとたちにどんどん追い抜かれます。みんなすごい速いです。時速30キロくらいでしょうか。わたしの方は時速20キロくらいでダラダラ走るというかんじ。それでも、涼しい風がとっても気持ちいいです。ピンディングペダルもだんだん慣れてきました。このお盆は、友達が伴走してくれるというので、頑張ってついていきたいと思います。いやぁ、俄然楽しくなってきたなぁ。




 昨日は東北開墾の2周年イベントが開催されました。私は名ばかりの理事なんですけれども、いやはや200人くらいひとが来ていました。すごい流行っていますね。三陸の牡蠣漁師さん、秋田でいぶりがっこを作っている美人たちや、会津の高麗人参、みなさん生産者です。自分の食べているもの、誰がつくってくれているのかを、みんなが考えるようになっているのかなぁと思います。そういう意味では、食べる通信の仕事は、それなりに伝えるべきことを伝えているかなと思います。




 先月からリリースされている NipponTaberuTims。
 秋田の菊池晃生くんがとっても素敵な文章を寄稿してくれたので、ぜひ読んでください。彼は「哲学系アグリ」という異名を持っています。今年も稲刈りの手伝いに行こうっと。
原体験としての食の再考:菊地晃生(農家・秋田県潟上市)

 明日も朝練だ!南三陸フォンド完走だ!
   


Posted by ake. at 20:38ツール・ド・東北

2014年09月23日

新学期。

 先週の土曜日から新学期がはじまった。わたしの講義は、今週の木曜からで講義資料の準備やあれこれ。今日は祝日で、仙台では食べる通信のスーパーおかわりライブなるものが開催されるのだけれども、やるべき仕事がたまっており、止むなく断念。今日は結構大事な日になるはず、なのになぁ。だけど、自分のやるべき仕事があるんである。それができないと、誰をサポートすることも叶わなくなる。

 今日はすこし早起きして、隅田川まで走った。往復10キロてなところでしょうか。自転車がおそろしく軽いので、坂道でペダルを思い切り踏むと、前輪が浮きそうな感じがする。前傾姿勢を保てということか...体幹を鍛えねばならぬ。ガソリンみたいなにおいのする隅田川。本格的にどぶ川みたいなんである。爽やかな朝?!沢ガニが死んでいた。カニが住んでいるんだ...!!



 2ヶ月ほど前に植えたアボガドがヒョロヒョロと芽を出し、葉っぱも元気だ。今年の冬が越えられればいけるかも。


 さぁて、仕事だ。。。辛気くさい仕事をしゅくしゅくと。

  


Posted by ake. at 10:44ツール・ド・東北

2014年09月21日

ツール・ド・東北への道

 ブログには書いているものの、アメリカ製の“できあいの自転車”を買ってしまったことを、まだ誰にも言えていないんである......。非常に言い難い。とくにKレオン氏には言い難い。

 当初は1年くらいかけてパーツをあれこれ選んで自転車をつくって行こうと思っていたのだけれども...つい目移りしてしまった。それでもいろいろ自分でも考えたんである。(1日ほどだけど......)

 で、今日、注文していた自転車が来た!!
 うふふふふふふふふふふふふふふふふふっ。
 
 玄関にちょうど自転車を置けるくらいのスペースがあった。休みの日は湘南まで走りにいくんだぁ。帰り道が嫌になっちゃうだろうなぁ。バイクで行くのだって結構疲れるのにね。人力だもの。外苑前にロードがあるらしい。
 今朝のニュースで自転車特区のことをやっていて、なんか流行にのるみたいで、ちょっとしゃくに障った。



 これからウェアとか揃えるのはゆっくりやろうっと。空気入れも必要だし、あとGPSと脈拍が測れる時計みたいなやつも欲しいな。
 どーでもいい話なんだけれども、私は、あの自転車のヘルメットが、どうも好きじゃないんである。あんまり、というか苦手な感じなんである。あのヘルメットの中途半端さが、なんかちょっと残念なんである。自転車カルチャーに慣れるまで時間がかかりそう。
 
 父親の策略によって失ってしまった、Djebelへの喪失感はまだ消えていないんである。

 んでも、朝と晩に走るんだぁ。ウキウキface05

 自転車に名前つけようっと。icon06

 

  


Posted by ake. at 13:00ツール・ド・東北

2014年09月12日

カーボンかクロモリか...その後

Leon Bikeではロードバイクをまだ扱っていないようだ。実際、エンジンのバイクもon offだった自分にとっては、クロスバイクの方が馴染みそうなのだけれども、1日で200キロの走行距離を考えると、厳しいかも...とも思う。

 黒姫から帰ってきて、Facebookをあけたら、「TrekのSilque SLXは良さそうだけれど、自転車を選ぶってのはそんな甘いもんじゃない」というアドバイスをいただく。そして、やはりクロモリフレームだと言われる。ハガネだと。そんな大企業の、大量生産の、しかもアメリカ製の、カーボンなんて壊れやすくて、修理できない素材など...と。

 前金払って...SLX注文してしまったのだが...。だって、15年モデルなのに、残り4台しかないって、お店のひとが言うんだもの...そういうのに弱い...ほんとうに自分、弱い。。。


 Kレオン氏にどうやって、言い訳をしよう。

 自転車をあれこれ、部品を選んでいる時が一番楽しいんだよ...←天使

 出来合いのものを買うなんて...

そんなのいいじゃないか...軽いし、手っ取り早いし。乗れればさぁ ← デビル

 手間ひまかけて選ぶものなのさ...←天使

 早く乗りたくね?← デビル

 結局、自分次第ですよね。悪魔も天使もないけど...。
 し、しかし...結局、アメリカ製の大量生産かよ、儲け主義の自転車かよ...とか言われると、辛いface07
  


Posted by ake. at 00:26ツール・ド・東北

2014年09月06日

カーボンかクロモリか.....

 夏休みになってから、次の本の仕込みをしていて、毎日研究室へ籠っている。でもPCに向かったからといって、パタパタ書けるわけではないんだけれども...。2年越しの新書だ。単行本はすこし先になりそう......。

 夕方、近くのバイクショップへ。
 2軒ハシゴしてみて、そう簡単には決められないなぁと思った。クロモリフレームは憧れるけれども、やっぱりちょっと重いんである。でも、今日話を聞いた何人かの定員さんは、一様にクロモリフレームのバイクを持っていた。もっとも、ほんとうに自転車好きで、何台も所有しているみたいだった。

矢野Tが教えてくれたこちら、デローザ。これは、とてもかっこいい。

こちらクロモリフレーム De Rosa



こちら、自分はいいかも!とおもったトレック。とにかく軽い。でも値段はあんまりかわいくない。         Silqueお店のひと曰く、カーボンの軽さとクロモリの乗り心地を併せ持ったようなバイク、らしい。


ちなみに、ロッカーでもある矢野Tが教えてくれた地味変コレクション。清志郎もトレックに乗っていたなら、コレにしてしまおうかなと...。

  


Posted by ake. at 22:07ツール・ド・東北

2014年09月06日

クロモリフレームというもの。

 相談した矢野先生とKレオン氏によれば、とにかく部品を吟味せよとのこと。
 自転車を部品買いしたことなんてないけれども、とりあえず、フレームから探すことにした。

 Kレオン氏は「クロモリフレーム」だろうという。
 「え、黒森?」てなもんで...

 VIGORE
 Muller

 カーボンでも竹でもいろいろ乗ってみることにしました。

 そうか。

 自転車をつくるだけで、きっと半年くらいかかっちゃうのだ。

 長い道のりなんだ。。。
  


Posted by ake. at 13:01ツール・ド・東北

2014年09月03日

ツール・ド・東北への道

 9月14日は第2回目のツール・ド・東北が開催されます。
 早朝5時半に石巻専修大学がスタートです。
 
 来年は南三陸フォンド170キロに挑戦すべく、トレーニングをはじめることにしたのです。何しろ、ママチャリしか持っていないうえ、エンジンのない自転車にまったく興味のなかった自分。でも、ああして走っているのを見るととても楽しそうです。三陸沿岸を、人力で走ってみようではないか!
 そんなことで、自転車のことをいろいろ教わりながら、ロードレースを目指します。
 
 こちらは当面、ツールド東北挑戦記になります。

まずはイメージトレーニングです。
  


Posted by ake. at 00:33ツール・ド・東北