2015年09月06日

秋雨の9月。

 本日の朝練は45キロ。
 明日から長野でのフィールド実習がはじまるので、来週のツール・ド・東北へ向けての最終調整になった。このところ連日雨に見舞われ、結局、アップダウンのある山でのサイクリングができなかったことが悔やしいけれども、完走できますように。
 
 この秋雨がちょっと心配ですが、明日から学生たちと一緒に、3泊4日で妙高高原と善光寺参り。
 例年、アファン到着後のランチは、ニコルさんが鹿肉のシチューをつくって待っていてくださるので、私の方はいつも東京からバゲットを持っていくのが恒例です。スタッフのみなさんがハードパンをご所望だったので、夕方、ドイツパン屋さんへ。塊のグロッケンブロートなどをあれこれと。事前情報によると、今年はひょっとすると、熊肉の煮込みになるかもしれないってメッセージがありました。

 アファンセンターの庭先にハーブがたくさん植えてあるのですが、それらたくさんのハーブと鹿肉を3日間ほど煮込んでつくられるニックの特製シチューで、小躍りしてしまうほどの美味しさです。いつも「美味しくない料理を僕はださないよ!!」って念押しされます。楽しみです。


 こちらはアサヤというステッキみたいなものなのですが、半年ばかり前から月2回ほど習い事をはじめたのです。本を書く仕事がずーっと際限なく続いていて、これはもう生涯続くライフワークなのですが、どうもオンオフの切り替えが下手なので新しいこともやろうと思って。自転車もそうなんですけれど。書を捨てて街へ出ようてなもんで。今は、エジプトの地方の楽曲でダンスをやっています。門前小僧から門の入り口あたりまできた感じです。


 世論調査では、新安保反対が65%を超えました。学者の会に自分も参加していて、先々週まで格闘していた原稿は60年安保を扱う内容でもあったのですが、ヨーロッパでの移民、難民状況もさることながら、70年間で戦争をしなかったことは大事なことで、だれも自分の愛する人を失いたくはないのです。まずは、火種をつくらないことです。
 
 そういえば、ゼミの大先輩からお便りをいただきました。お手紙や葉書でやり取りしている大先輩が何人かいます。編集者の方たちもほぼ葉書だったりします。ポストを開けるとホッとします。ここ数年、すっかりフェイスブックにコミュニケーションの場が奪われてしまっています。葉書をくれた先輩もフェイスブックに入っているのに、わざわざ書面で「800人を超える友達に毎日返信するのは大変でしょう」とあったのですが、いくらなんでも、そんなことできないですよ。笑 どんどん増えてしまった「友達」なのですが、知らない「友達」が圧倒的に多くなってしまい、もはや疎外状態です。一緒にNPOをやっている代表理事などは4千人を超えていますが、もはや、ね。友達という関係は築けないですね。友達概念が変わってしまう。あまりいいことじゃない気がします。NPOやプロジェクトの打ち合わせなどをフェイスブックでやっているために退会できないというジレンマです。いやはや。。。
 
 先だって、南三陸からの帰り道に仙台で途中下車して、親友のケニーと駅前で、そうとう久しぶりに飲みました。やっぱり、心交う友達って大事なんです。


 
 
 
 
 



削除
秋雨の9月。