スポンサーリンク

上記の広告は、30日以上更新がないブログに表示されています。
新たに記事を投稿することで、広告を消すことができます。  

Posted by だてBLOG運営事務局 at

2015年10月01日

森にいきるひとたち

10月1日だってぇ...あと2ヶ月で2015年が終わるの?
自分にとってもっとも重大な仕事がまったく進んでいないのは、なぜ?!なぜなの?!face07まずいですね、残り2ヶ月で少しは進まなくちゃ。

秋学期がはじまりました。学生も元気に通ってきています。

益子の土祭へ行ってきました。今回は映像人類学者の分藤さんとご一緒することができました。はじめてお会いしたのは一昨年の山形映画祭でした。一昨年の山形も強烈な記憶に残っていて、管さん、港さん、そしてドリアンさんたちと朝方4時くらいまで飲んだのでした。といっても私は本当に下戸で、みなさんのお話しを聞いているだけなのですが。

分藤さんは、かれこれ20年近くアフリカのカメルーンをフィールドに映像を撮り続けてきました。森で狩猟をしながら暮らしているバカ族という人々がいます。彼らと生活を共にして、時には通過儀礼など受けたりして、第二のふるさとみたいな付き合いをしています。映像を観ると、その距離の近さで、分藤さんがどれだけの関係を築いてきたががよくわかります。普通は、こんなに近くで撮影できないですね。今回の作品は、ひたすら「食事」の風景です。獲物を捕り、解体、料理し口へ運ぶ、そしてその生きるエネルギーで今日も森をゆく。そんな素敵な作品でした。バカの暮らしは、とても理にかなった暮らしのように思えてきます。重低音のように効いてきて、大事な気づきがたくさんありました。

うつくしい月夜でした。


藍染の古民家。


今回の上映会とトークは建築家の町田さんがコーディネイトをしてくださって、町田さんのお家にみんなで泊まりました。朝方、クラヴィーコードの音色が聴こえてきて神様がやってきたようでした。


さぁて、秋学期もがんばろう。
年度内に1冊くらい書かなくちゃ。うーん正念場!

  


Posted by ake. at 21:13映画ake.thinks